風を切るバイク

風を切るバイク

バイクケアとしてチェーンを洗浄する

バイクを持っている人が自分でできるメンテナンスの一つとしてチェーンの洗浄があります。この作業をしっかりするかしないかで走りやチェーンの寿命が変わってきますので、バイクを長持ちさせる上で非常に大切です。方法はまず、現状をチェックします。触ってみると分かりますが全体的に黒ずんでいて汚れが塊になっているような場合は洗浄をする目安です。道具は専用クリーナー、専用オイル、タオル、ブラシ、新聞です。順序は専用クリーナーを吹き付けて、ブラシで細部まで洗います。細かく動かすことがポイントです。その後、タオルで汚れを拭き取り、繰り返しブラシで掃除をしていくと見違えるように綺麗になります。仕上げは、タオルを当てがいながら専用オイルを吹き付けていきます。これで終わりです。オイルを飛散させないために半日程度そっとしておき、落ち着いてから乗り出します。自分が長く乗り続けるものなので、しっかりとメンテナンスをするようにしてください。

バイク用のチェーンはある?

一般的にバイクで雪道を走るという事はまずありませんが、そうも言えない職種があります。郵便配達です。雪国の冬でもバイクで配達する為にチェーンを履いて配達をしています。ですので結論チェーンはあります。むしろ職種によっては冬の必須アイテムです。ですが大排気量などスポーツタイプのものでは無く、あくまでビジネスバイク向けのサイズですので種類は限られます。そういった物でも履く気になればタイヤサイズさえ合えば履けるでしょうが車種は選びますし、そこまでしても車高の問題などで雪に埋もれてしまうなどして走れない車種も多いでしょう。そもそもチェーンを履いてまで雪道を走るという事自体おすすめ出来ませんし、そういう場合はオフ車ならある程度そのまま走れてしまいますので趣味で走る場合はそちらの方がおすすめです。ですのでバイク用のチェーンというのは仕事などで必要に迫られた場合のあくまで保険として考えておくのが良いでしょう。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2017/4/13